皮膚科でもらえるワキガ対策の塗り薬があるって本当?そんな噂を大調査!

皮膚科ワキガ対策の塗り薬がもらえる、という噂を聞きます。本当なのでしょうか?

 

皮膚科で処方されるワキガ対策の塗り薬がならば、効果が高そうだと思いませんか。
実際に皮膚科でもらえるのか?効果はどうなのか??
気になるので調べてみました。

 

 

皮膚科でもらえる塗り薬とは

皮膚科でもらえるワキガ対策の塗り薬は存在します。

 

それは塩化アルミニウム液です。

 

この塩化アルミニウム液をコットンにしみ込ませて脇に塗布します。
実はこの塩化アルミニウム液、ただの制汗剤と言っても過言ではありません。
ワキガを治す薬ではなく、ただ単に汗を止めて若干のニオイを止める効果があるだけなのです。
この塩化アルミニウム液ですが、オドレミンという名前で市販もされています。

 

わきが,皮膚科,塗り薬

 

 

オドレミンの効果とは

皮膚科でもらえるワキガ対策の薬がオドレミンと同様であるならば、オドレミンを試してみたくなるでしょう。
しかし、このオドレミンですが速効性がないのですぐに効果が表れない上に、副作用が強いことで知られています。

 

その副作用の多くは、かぶれです。

 

つけ方次第ではかぶれない、という話もありますが、つけ方が難しいのであればわざわざこれを選ぶ必要がないのではないかと思います。

 

また、肌が乾燥するといった副作用もあります

 

脇が乾燥するということは、肌状態が悪くなるということですのでワキガにとってもいい状態とは言えないでしょう。
更にオドレミンはわずかですが、ステロイド剤も含まれているのでアトピーなどを持っている方は最新の注意が必要です。ステロイド剤が体に悪いという話もありますので、できるだけ避けたいところです。

 

 

皮膚科でもらえる塗り薬は必要なのか

わきが,皮膚科,塗り薬
正直なところ、ワキガは塗り薬では治りません。
なので、もし皮膚科でワキガ対策の塗り薬をもらったところで、症状を抑えるだけで治らないのです。
しかも先程ご紹介したとおりに副作用が強い薬が処方されます。効果が高いのであれば多少の副作用のリスクを考えてもオススメしたいところですが、そうではないのが残念な所です。

 

 

皮膚科でもらえる塗り薬の代わりに他の市販の塗り薬を使ったらいかがでしょうか?

 

ワキガ対策の塗り薬である医薬部外品はいくつか販売されていて、皮膚科でもらえる薬よりも肌にも優しいし、副作用も出ないと言われています。オススメはノアンデという商品です。ノアンデは除菌率100%でありながら、肌に優しい天然由来の成分を使用しています。子供からお年寄りまで使える程優しいのです。
ノアンデ以外にもワキガ対策の塗り薬はいくつか存在します。
ワキガの場合は、薬で完治することがないため、医者からもらう薬がいいとは限りません。
自分に合った無理のない塗り薬を探してみましょう。